不倫・浮気密告の電話代行(旦那の不倫、本人に警告)

NO IMAGE

ご依頼者様

40代女性

電話先相手

ご依頼者様の旦那

電話代行内容

ご依頼者様の旦那への警告

電話代行事例

ご依頼者様の旦那様が浮気をしているようなので、旦那に電話をして欲しいとのご相談でした。
内容もご依頼者自身がしっかりとお考えいただいていました。

旦那様の浮気相手の知人から電話をするというストーリーでした。

「●●(浮気相手の名前)との不倫を止めてもらいたいです。可哀想なので、ちゃんとした恋愛ができるように別れてあげてください。このまま続けるのでしたら、奥様にも相談しますから」

というものでした。

電話代行としてはここまでで完了です。
最初は浮気をしていないと否定していましたが、かなり戸惑っているご様子でした。