不倫・浮気密告の電話代行[15]

ご依頼者様

40代男性

電話先相手

ご依頼者様の奥様の不倫相手の奥様

電話代行内容

ご依頼者様の奥様の不倫相手への密告

電話代行事例

 

ご依頼者様の奥様Aの不倫を止めさせたいので、奥様Aの不倫相手男性Aの奥様Bへ密告の電話をして欲しいとのご相談でした。

不用心にも奥様Aの携帯電話から、多くの情報や証拠、男性Aの動きを把握していらっしゃるようでした。
内容もご依頼者自身がしっかりとお考えいただいていました。

ここで確認をさせていただいたのですが、

電話代行の結果、奥様Aの不倫を止めさせることは保証できない

という点です。

この点をご理解・ご了承いただき最終確認を行い、代行を行いました。

 

奥様Bへは男性Aの知人として男性スタッフから電話をしました。

最初、奥様Bはかなり戸惑っていたので、少し間をおきながら落ちついて聞いていただくことに専念しながら、代行を続けました。

具体的な日時や場所などをいくつか伝える内に、信じていただくようになり、奥様Bは戸惑いから怒りに変わっていく様子が伺えました。

 

電話代行としてはここまでで完了です。
最初どちら様?などかなり戸惑っているご様子から、で?次は?と聞く耳を持ち、メモまでしているご様子でした。

その後はどのようになったのかはわかりませんが、ご依頼内容として掲載の許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

※ご依頼者様の許可をいただいた上で、事例と声は掲載させていただいています。
※弊社は探偵業ではございませんので、電話代行をする相手の電話番号を調べたりはいたしません。ご依頼者様ご自身で番号をご準備しておいてください。

 

電話代行ですっきりしませんか?

秘密厳守で内容が外に漏れることは一切ございませんのでご安心ください。

電話代行に依頼する
不安な点は解消されましたか?

よくある質問で解決しないときはこちらよりお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる