不倫・浮気密告の電話代行[12]

ご依頼者様

40代女性

電話先相手

ご依頼者様のご主人様

電話代行内容

ご依頼人様が浮気しているご主人様へ、浮気をしている女性との忠告

電話代行事例

不倫密告電話代行の実績

ご依頼者様のご主人様が不倫をされていましたが、そのお相手は、スナックに勤めている女性と不倫されていることを知ったそうです。

そのお相手の女性と別れてもらいたいと、女性のお付き合いしている男性のフリをして密告をしたいとのご相談でした。

事実を知ったのは、ご主人様が、出張に行ったはずなのに、不倫相手の女性とご主人様が、ホテルに入っていくところを見たとのこと。

女性は、近くのスナックのママでした。
何度か、主人とご依頼者様と飲みに行ったことがある、綺麗なママさんだったので、良く覚えていたそうです。

ご依頼者様は、”主人とそのスナックのママとは、まさかそんな関係になるとは、・・・・”とショックで、何日も眠れない日が、続いたそうです。

ご依頼者様はとても憔悴されておられました。

女性の彼という設定で、ご主人様に電話をかけるという内容です。
出来れば、別れていただければ、”慰謝料のことなどは気にしない。”そうです。

まず最初に弊社から確認させていただいたことは

「電話代行した結果、ご主人様の浮気を止めさせることは保証できない」

という点です。

弊社は別れさせ屋でもなく、結果を保証して電話代行をしている訳ではございません。

ご依頼者様の伝えたい内容を「代行」して電話するだけという点を改めてご理解いただきました。

 

それから、代行する電話内容をご依頼者にお考えいただきました。

 

代行のストーリーは、ご依頼者様のご主人様に、”あなたが女性とホテルに行っているのを見た。”という事をお話しするということです。

偶然にお二人でホテルに入って行かれるのを見て、女性の彼氏が、ご主人様へ電話するものでした。

”あなたが私の彼女と関係を持っているそうだね。
実際に見た人もいて噂になりつつあるので、あなたの奥様に知られるのもまずいのでは?
今のうちなら、皆が知ってしまう前に止めてもらえば、慰謝料の話とかは、しないよ。”

と、忠告の内容をするものでした。

 

電話代行の実行は次の日でした。
ご自分のご主人様へ電話代行を行いました。

「あなたが、うちのスナックのママと浮気をしていますね?ホテルに入っていくのを見ましたよ。」

「実際に見た人がいるので、噂が広まりつつあり、私としても非常に困惑しています。」

「あなたの奥様に聞かれるとまずいので、追求される前に浮気を止めてもらえませんか。」

と浮気忠告の電話代行をしました。

 

弊社のサービスとしてはそこで終了です。

今回の概要に関して掲載を許可いただいたので公開させていただきました。
結果どうなったのか、などはご連絡をしていないので不明です。

※ご依頼者様の許可をいただいた上で、事例と声は掲載させていただいています。
※弊社は探偵業ではございませんので、電話代行をする相手の電話番号を調べたりはいたしません。ご依頼者様ご自身で番号をご準備しておいてください。