不倫・浮気密告の電話代行[29]

ご依頼者様

30代女性

電話先相手

ご依頼者様の親友のご主人様

電話代行内容

ご依頼者様の親友のご主人様に、浮気の誘惑してくる事を忠告する電話代行

電話代行事例

 

ご依頼者様と親友とは家族ぐるみの付き合いで、よくホームパーティに呼んだり、呼ばれたりしていてました。
親友が仕事で家を空けるため留守番を頼まれ、親友の子供達を寝かせてあげました。

その後、二人でお酒を飲み、かなり酔ってしまい1晩だけ一緒に過ごしてしまいました。
お酒を飲んでいたとはいえ、親友に申し訳ないと思いとても後悔しました。


親友のご主人様の居る所へは遠慮しようと決めましたが、彼からちょこちょこご依頼者様の携帯に電話がかかってくるようになり、「また会いたい」と言われているそうです。


ご依頼者様は「予定があるので」と最初は断っていましたが、今は電話を無視されているそうです。
電話に出ないことを怒ると、私の主人や子供達にばらされそうで怖くなり、当社にご依頼者されました。



ご依頼者様の父親のふりをして、親友のご主人様へお電話してもらいたいという内容です。

 

まず最初に当社から確認させていただいたことは

「電話代行した結果、親友のご主人様の誘惑を止めさせることを保証できない」

という点です。

弊社は、結果を保証して電話代行をしている訳ではございません。
ご依頼者様の伝えたい内容を「代行」して電話するだけという点を改めてご理解いただきました。

 

料金は
・基本料金10,000円
・同様事例オプション3,000円
合計13,000円です。

ご依頼者様自身に内容をお考えいただきました。
ご依頼者様の父親の設定で、


「娘に電話をするのは止めて下さい。迷惑をしています。話は聞きました。
娘も反省をしています。これ以上娘に連絡するようであればあなたのご家族にも話さなければいけませんね」

 

という内容です。親友のご主人様は

 

「わかりました。もう連絡しません。なかったことでお願いします。」

 

とのことでした。


ご依頼者様に親友のご主人様の電話での反応とお話になった内容をメールで報告し、電話代行は完了しました。

今回の概要に関して掲載を許可いただいたので公開させていただきました。

ご依頼者様の許可をいただいた上で、事例と声は掲載させていただいています。
弊社は探偵業ではございませんので、電話代行をする相手の電話番号を調べたりはいたしません。ご依頼者様ご自身で番号をご準備しておいてください。