【コラム②】電話代行をお断りした理由


いつもご利用を誠にありがとうございます。


皆様から沢山のメールをいただきますが、そのメールを返信させていただくスタッフが気付いたこと・感じたこと・思ったことなどを【コラム】として定期的に配信させていただきます。


今回のテーマは【電話代行をお断りした理由】です。


これは不倫密告の電話代行をお申込みいただく際に【夫の不倫相手の女性を会社に会社を辞めさせたいので】という理由で会社に密告の電話代行をしてほしいと仰る方が多くいらっしゃいます。


社会的地位の失墜や辞めさせることが理由・目的では法に触れる可能性が極めて高いです
そのような場合は当社がご依頼者様に理由・目的を考え直すようにお伝えしています。

大体の方は理由・目的を考え直され新たな理由でお申込みになられます。
しかし、今回お断りをした方は不倫が発覚した直後のご依頼でご依頼者様の怒りが治まらずに、どうしても会社を辞めさせたいとの理由を考え直していただけませんでした。


その為今回は誠に残念ではありましたが、電話代行をお引き受け出来ずにお断りさせていただく運びとなりました。

怒りが治まらないお気持ちや不倫相手が憎いと感じられるお気持ちもお察し致します。


しかし、一度冷静になった上で当社にご依頼下さい。
怒りに任せた電話代行の内容は本当にヒドく、文章も支離滅裂な方が多いです。

すぐに相手に伝えたい、すぐに不倫を終わらせて欲しいなどお気持ちはわかりますが、冷静になられてしっかりとした文章をお考えになってからお申込みいただくことをオススメいたします。

その方がきっと相手にも伝わる電話代行を実行出来るはずです。


不倫でお悩みの方、是非当社にお任せ下さい!
きっとお力になれると思います!!

 

 

電話代行ですっきりしませんか?

秘密厳守で内容が外に漏れることは一切ございませんのでご安心ください。

電話代行に依頼する
不安な点は解消されましたか?

よくある質問で解決しないときはこちらよりお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる